定年後も怖いのは家の奥さん

アラ還の元ケアマネが、福祉資格・家族介護・仕事について語ります。

2019年08月

 8月28日付けの読売新聞の公的年金財政検証関係の記事で、「75歳受給開始も検討」の見出しを見てかなり焦りました。

 受給開始年齢を68歳くらいに引き上げるという話は少し前にありましたが、いきなり75歳かと思ってしまいました。

 実際は選択制で、「75歳から開始も選べますよ」という内容でしたが、67歳あるいは68歳受給開始への布石だったのではないかと勘ぐりたくなります。

 今後持続可能な年金制度を維持するために、「マクロ経済スライド」と言う仕組みを機能させて、年金額を徐々に削っていく方向のようです。

 これまで「マクロ経済スライド」と言う仕組みが機能していないかったと財政検証で言われており、そんな中で老後の生活資金が2000万円不足と言っているわけで、今後の不足額は2000万円どころではないのだなと実感しました。

d847f8347dba89fca45714ae40ac085e_s

 政府が「公的年金、75歳受給開始も検討」と新聞を使って観測気球を上げたのも、75歳くらいまで働いて貰いたいが、世論はどう反応するか見たいとの思惑があったのかもしれません。

 小泉内閣の時は「百年安心」のはずでした。

 当時の小泉総理も声高らかにそう言っていましたが、まだ百年経っていません。

 いずれにしても、年金だけでは足りないのははっきりしています。

 目の前に迫っている老後は、年金以外の収入源を見つけないといけない時代になったと言えますし、私自身もそうしなければいけないと思っています。



スポンサードリンク

 夫婦そろってSMAPファンだったもんで、今日の慎吾ちゃんの日テレ生出演、「とうとうここまで来たか」と感動しています。

 仙台で行われた新しい地図のファンミーテイングにも参加していますし、夫婦で応援してますので・・・。

 家の奥さんは大の吾郎ちゃん大ファンなので、本当は吾郎ちゃんに出演してほしかったようですが、「舞台があるので仕方がない」と話していました。

34e3337c751b3f3f7a87fb2a365f1ad3_s

 SMAP時代も、東京ドームや札幌ドーム、京セラドームなどに出かけ楽しませてもらっていたので、5人が集結してくれたらどんなに楽しいかと思っています。

 コンサートのあの非日常性が、夢物語のようによみがえってきます。

 東京オリンピック、東京パラリンピックが契機となって再結成してくれたらと、願望ですが・・・。




スポンサードリンク

 精魂尽き果てたといった感じだったので、帰りの運転は私bowbowがしました。

 途中、東北自動車道の前沢SAで前沢牛を使った「牛カルビ丼」と「牛ハンバーグ」を食べました。

5e7369c76b5929509d65cafb2664402a_s

 美味しいものを食べたせいか、家の奥さんその後少し元気を取り戻し、試験内容について話してくれました。

 今年は「労一」と「社一」という科目が、特に難しかったと話していました。

 そして介護保険に関しては、例年になく出題数が多かったとの事でした。

 介護保険に関してはどの受験者もあまり勉強しないので、「運任せみたいなところがある」と奥さん言ってました。

 そんなこんなで社労士試験を終え、昨夜無事に自宅に戻りました。




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ