定年後も怖いのは家の奥さん

アラ還の元ケアマネが、福祉資格・家族介護・仕事について語ります。

2019年09月

 ケアマネ試験本番まで、あと2週間ですね。

 ケアマネ試験では、120分で60問、一問につき2分で解かなくてはなりません。

 社会福祉士試験は一問につき1分30秒で解かなくてはなりませんので、それに比べれば楽と思われがちですが然にあらず。

 これまでに、本番さながらの会場模試を受けたみなさんなら、その時間の足りなさを実感している事と思います。

 ケアマネ試験は五枝複択方式ですので、予想以上に時間がかかります。

 感覚的には、社会福祉士試験に匹敵する時間のなさです。

 のんびり屋さんは、事前対策が必要です。

 まとまった時間のとれる休日には、市販の模試を使ってスピード訓練をした方が良いと思います。



 私自身、最初の社会福祉士試験の時は、時間が足りず10問以上残す羽目になりました。

 この時はぶっつけ本番で、スピード訓練も何も行っておらず、当然ながら不合格でした。

 2回目の社会福祉士試験以降は、市販模試を使って時間をきっちり計り、スピード訓練を行っています。

 もちろん、ケアマネ試験でもそのようにしていました。

 試験本番では正確さも重要ですが、すべての問題を解くスピーディさも「合格」に大きく関わってきます。

 その辺は、意識してもいいのかなと思います。




スポンサードリンク

 丁度今から4半世紀、25年前の話になります。

 その頃私bowbowは食品メイカーのセールスとして働いていましたが、遅いながらもワープロが打てるという理由だけで事務職へ配置転換となりました。

 その頃(1994年)からオフィスのOA化が始まり、MS-DOS 6.2→Windows 3.1→Widows 95へ移行しつつある真っただ中。

 数年前までそろばんを弾く音が聞こえていた事務所内も、すっかり人員が入れ替わって静かになったと当時の上司から言われました。

 ITスキルを身につけていなかった40代・50代を中心に、生産現場に異動になったり辞めたりした訳です。

b5caa83c762f152ee2034f1af933d9ba_s

 一方、AI技術革新や5G(第五世代通信システム)到来前夜の今は、IT革命がおこった25年前と状況がよく似ています。

 私自身60歳定年を機にケアマネを辞めたのも、今が身の引き処と考えたからです。

 ケアマネ資格に定年はありませんので、時代の波についていける人はずっとケアマネを続ければいいだけです。

 かえってそれらのスキルを身につけた人達にとっては、AI技術の支援によって今より格段に事務作業が楽になる可能性だってあります。

10c2179ae9ce87b3ce897d73fff8695c_s

 私自身は未だにガラケー。

 10月の10パーセント増税を機に、スマホ決済を考える時期かも・・・。




スポンサードリンク

 私bowbowがケアマネ試験に合格したのは第13回(平成22年)だったので、かれこれ9年前の話になります。

 当時の合格率は20.5パーセント、昨年の10.1パーセントに比べるとなんと緩かった事か。

 そんな緩かった時代の私でも、試験3週間前はとにかく必死でした。

 その頃の給料は17万円余り(手取り額じゃありません)で、何としてでも給料を上げなくては生きていけなかったのです。

 試験3週間前は、職場の飲み会はもちろんの事、あらゆる誘惑を排除して勉強に励みました。

 もしその時に、「ワールドカップラグビー日本戦」のテレビ中継があったとしても、絶対に見なかったと断言できます。

 それほど切羽詰まっていたし、自分にとっては背水の陣だったのです。

dab3ef4f893e4afc7535e882f51fa438_s

 バブル経済の崩壊で、それまで勤めていた食品メーカーをリストラされ、福祉の世界へ。

 バブル最盛期の給料の半分になっていました。

 そんな訳でケアマネ試験は、死ぬ気でがんばりました。(経験則ですが、死ぬ気でがんばっても死にはしません)

 精神論や根性論になってしまいそうですが、最後はどれほど「合格」したいかです。

 未来を切り開くのは、結局自分なんです。




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ